特定社会保険労務士&キャリア研修ファシリテーター山本真一の「日々是好日」日記

大分県を中心に活動している特定社会保険労務士&研修ファシリテーターの日々の活動の様子や活動を通じて得た気づきを紹介するブログです。 人材育成、特定社労士の活動を紹介していきます。 プロボノ・ソーシャルビジネス支援にも積極的に関わっていきます。 介護事業に関連した労務管理事業運営のポイントについてくわしく解説していきます。

2009年11月

ホームページ間もなく完成します。


みんさん。こんばんわ。

今日はいよいよ11月最後の日ですね。

明日からはいよいよ師走(12月)です。

そこでみな様へお知らせです。

ホームページまもなく完成予定です。

少々お待ちくださいね。


ご存じの方もいると思いますが、禁煙まだできていません。

12月から再度チャレンジです。


それでは皆さん。おやすみなさい。




ランキング参加中です。(^v^)
お役にたてたなら、ポチョットクリックお願いします。


人気ブログランキング

(人材ビジネスに関してはこちらへ)

エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ


http://powerhouse-hr.livedoor.biz/








映画『おくりびと』から考えるキャリアカウンセリング

おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
出演:本木雅弘
販売元:アミューズソフトエンタテインメント






みなさん。こんばんわ。

映画「おくりびと」といえば、既にご存じの方も多数いらっしゃると思います。私も今年の7月位にDVDで見させていただき深い感動をおぼえました。

話の内容としては、主人公である売れない楽団のチェロ奏者が楽団の解散に伴い、実家に帰省して、偶然にも納棺師(のうかんし)の仕事に就くというものです。


初めは、納棺師の仕事に就くことに対して、地元の友人や連れ合い(妻)も猛反対します。しかし、物語の終盤ではそういった方も主人公の仕事である納棺師の仕事に理解を示していきます。

この映画をみて初めて見たときに、私の中に1つの言葉が思い浮かびました。

それは、人の幸せについての言葉です。

人生に必要なのは、「愛されること」「役に立つこと」「ほめられること」「必要とされること」という言葉です。

ここで注目すべきは、「愛されること」以外は職業に就くことにより体現されるということです。


現在、私は多くの方の職業選択の場面に立ち会っていますが、若い方の中には、自己中心的な発想に立って職業選択をしている方を見かけます。

職業に就くこと(幸せになること)が

「役に立つこと」「必要とされること」「ほめられること」であると考えれば、職業選択の場面でこれまでと違った判断ができるのではないかと思います。
特に他人の役に立つ(利他の精神)は重要です。

この映画や私の考えに対しても賛否両論あることも理解していますが、

若い方には、就職前にこの「おくりびと」を一度見ていただきたいものです。

それでは、今日はこれまで。

【追伸】
11月最後の週末です。忘年会が始まっている方も多いのでは?
くれぐれも体調管理には気をつけて良い休日をお過ごしください。(^v^)


ランキング参加中です。(^v^)
お役にたてたなら、ポチョットクリックお願いします。

シンキくん_5
人気ブログランキング

(人材ビジネスに関してはこちらへ)

エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ


http://powerhouse-hr.livedoor.biz/






















中小企業緊急雇用安定助成金(雇用調整助成金)

みなさん。こんにちわ。

昨日、旧知の企業より、「中小企業雇用安定助成金」についてお問い合わせがあり、事業所を訪問いたしました。

昨年のリーマンショックによる景気後退により、活用する企業が増え、世間の注目を集めるようになった助成金です。

簡単に助成金の要件を説明します。

事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向させた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当又は賃金の一部を助成するというものです。

もっとも解りやすい休業させた場合について例示します。

労使間の協定による休業を実施し、そして休業に当たっては、労働基準法26条(休業手当)に違反しない手当・賃金の支払います。

そして、その支払った休業手当に対して、一定割合の助成金を支給するというものです。

この助成喫は、昨年12月以来、利用しやすくするために度重なる制度の見直しが行われてきました。

11月30日にも新たな制度の見直しが予定されています。


この助成金のメリットは

労働者にとっては、休業手当を受けることで、離職をするリスクを減らすことが出来ます。

また、企業にとっても休業手当の支払いは必要ですが、その一部をこの助成金で補てんすることが出来ます。


景気低迷が長引く中、この助成金は有効に働いていると感じています。

しかし、景気の回復をのぞみますので、利用する企業が減少することが好ましいのも事実です。

本当に一刻も早く景気が回復してほしいと願う今日この頃です。(*^_^*)




ランキング参加中です。(^v^)
お役にたてたなら、ポチョットクリックお願いします。

シンキくん_5
人気ブログランキング

(人材ビジネスに関してはこちらへ)

エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ


http://powerhouse-hr.livedoor.biz/

























学生時代の思い出【大分大学 紫岳寮 昭和63年入寮】

みなさん。こんばんわ。

山本です。今日は以前ブログで少しかきましたが、私の学生時代の思い出。特に男子寮での生活などについて書きます。

私は、一年浪人をして昭和63年に大分大学に入学しました。
宮崎出身の私は、男子寮に入寮しました。

当時の男子寮は、自治寮だったこともあり、質実剛健な寮です。

まず、入学するとすぐに上級生(特に2回生)から挨拶の仕方教わります。

先輩にあったら大声で「こんにちわ」です。


そして、同期(1年生)全員の自己紹介を覚えさせられます。

私が入寮した当時は、100人超同学年がいたので大変でした。

ちなみに、自己紹介の内容は

出身高等学校 所属学部 1年 名前 所属部活です。

しかし、この自己紹介を通じて皆仲良くなることができました。

その後私は、2年時〜3年時(1989年夏〜1990年末)までは、アメリカの大学に語学留学したのですが、その後は帰ってきて再び大学の寮生になりました。

結局、就職浪人を1年したこともあり、語学留学ので休学した期間を含め7年大学生活をすごしました。

いまでも、その時同じ寮生ととしてすごした仲間たちとは交流があります。
本当にありがたいことです。

そして、寮生活を通じたものは、一生の仲間を得たこと、共同生活が出来たことです。お金は皆もっていなかったですが、とても楽しかったことを強烈に覚えています。



今の大分大学の男子寮は自治寮ではなくなり、さらに個室になりました。(私たちのときは、2人部屋)
これも、時代の移り変わりと思いますが、残念です。


できれば、こうして紫岳寮のことを書くことで、この記事が多くの元寮生の目にとまることを願っています。


「63生集まれ!」「かかってこーーーい」 
BY ヤマシン(*^_^*)



※ヤマシンは私の寮時代のニックネームです。



ランキング参加中です。(^v^)
お役にたてたなら、ポチョットクリックお願いします。

シンキくん_5
人気ブログランキング

(人材ビジネスに関してはこちらへ)

エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ


http://powerhouse-hr.livedoor.biz/



















消えた年金・・・厚生労働相が新基準

みなさん。こんにちわ。

今回は、消えた年金問題の解決にむけた新基準について触れます。

払った保険料の記録がなくなった「消えた年金」を巡り、長妻昭厚生労働相直属の年金記録回復委員会(委員長・磯村元史函館大客員教授)は25日、国民年金の記録の空白期間が2年以内で他に未納がないなどなら原則として申し立て通り記録の訂正を認めるといった被害回復の新基準案を公表した。近く実施し、社会保険事務所窓口で訂正できるようにする。

 年金記録問題で鳩山政権が掲げる解決への具体策の第1弾となる。

 国民年金では、▽申立期間が1年以内かつ1回、申し立て前後の国民年金保険料が納付済みで申立期間以外に未納がない▽申立期間が2年以内かつ1回、前後の保険料が納付済みで、申立期間以外に未納がなく、配偶者や同居の親族が期間中に納めている−−場合は認める。

 ただし、複数持っていた年金手帳をまとめて、国民1人1番号の基礎年金番号を付番した97年以後などは除く。(毎日新聞社)


いわゆる国民年金に関しては、一定の条件の基に、記録の訂正をするという対応になります。

民主党及び長妻厚生労働大臣は、この年金記録問題の早期解決をめざしての対応だと思います。


私自身も専門家の立場から、記録の訂正については促進すべきです。

ただ、この新基準を適用した場合にどうしても気になるのが、実際は国民年金を支払っていないのに、記録の訂正を求めてくる人が現れる可能性があることです。

早期の問題解決を目指すか。不正の防止を心掛けるか。どちらかに重点を置くかの問題に究極にはなってきます。

私自身は、正直者がばかを見ない仕組みがよいのではないかと思っています。

みなさんの中にも賛否両論あることは、十分承知しています。
そして、この救済案について関心を持っていただくことで、年金制度の在り方について興味をもっていただければ幸いです。

今日は少し堅い話をしました。それではまた・・・


ランキング参加中です。(^v^)
お役にたてたなら、ポチョットクリックお願いします。

シンキくん_5
人気ブログランキング

(人材ビジネスに関してはこちらへ)

エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ


http://powerhouse-hr.livedoor.biz/



























livedoor プロフィール
ブログのご紹介
このブログでは、私が特定社会保険労務士研修ファシリテーターとして活動している日々の業務や情報提供。そして、日々の生活から得た感想等を素直な気持ちで書いていきます。

また、介護事業の労務管理事業運営のポイントなどについてもくわしく解説しています。

今後は「プロボノ活動」「ソーシャルビジネス」についても活動の領域を広げていきます。


なお、このブログはリンクフリーですので、リンクはご自由に(*^_^*)

人材ビジネスについては

「エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ」にて掲載しています。

http://powerhouse-hr.livedoor.biz/


山本真一社会保険労務士事務所 HP
http://www.yamamoto-sr-office.com/
最新コメント
記事検索
ランキング
ブログ村ランキング参加しています。 ぽちょっとクリックしていただくと喜びます。(*^_^*) にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ