特定社会保険労務士&キャリア研修ファシリテーター山本真一の「日々是好日」日記

大分県を中心に活動している特定社会保険労務士&研修ファシリテーターの日々の活動の様子や活動を通じて得た気づきを紹介するブログです。 人材育成、特定社労士の活動を紹介していきます。 プロボノ・ソーシャルビジネス支援にも積極的に関わっていきます。 介護事業に関連した労務管理事業運営のポイントについてくわしく解説していきます。

2009年09月

21世紀職業財団 大分事務所


皆さん。こんばんわ。

昨日は、

午前中 大分県社会保険労務士会に
      労働契約改善事業のアドバザー会議に出席


午後   21世紀職業財団 大分事務所へ
      助成金に関する問い合わせで訪問


その後、 事業所を訪問し、打ち合わせ



本日は、

午前中に 事業所訪問

その後、若者自立就労支援セミナーへ出席しました。


今回は、21世紀職業財団について少し書きます。

http://www.jiwe.or.jp/index.html



財団法人21世紀職業財団とは、人材多様化時代に対応した雇用管理を実現するため、「働く女性の活躍推進」、「仕事と生活の両立ーワークライフバランスの実現」、「短時間労働者と正社員との均衡待遇の推進」、
「セクハラ・パワハラのない職場づくり」をサポートしている団体です。

具体的には、
●女性の再就職へ向けてのセミナーや個別の支援
●パワハラ・セクハラ防止のセミナー
●女性やパートタイマーへの処遇改善をおこなった事業主に対しての助成金の給付等です。


私と21世紀職業財団とのご縁は、一昨年に女性の再就職への支援事業(再チャレンジサポートブログラム)のコンサルタントとして1年間従事させていただいたことが始まりです。


現在もこの事業は、継続していますので、再就職や再就職へむけての準備を始めたい女性の方にとってはお勧めのプログラムです。
もちろん、無料です。


お知らせです

21世紀職業財団  大分事務所 主催
セクシャルハラスメント・パワーハラスメント防止セミナーを11月に行います。

日時 平成21日11月20日 13:30〜16:00

場所 大分県医師会館 6F

受講料6000円 (賛助会員4800円)

講師 弁護士 江上千恵子(東京都人権啓発センター理事)



今回のセミナーは、有料ですが、私も参加予定です。


簡単に21世紀職業財団の紹介とセミナーの案内でしたが、興味を持たれ方は大分市中央町2丁目の大分事務所に足を運んでみてください。


それでは、今日はここまで・・   おやすみなさい(-_-)zzz
















ランキング参加?

人気ブログランキング

カウンセラーの心得(二足のわらじ)

みなさん。こんばんわ。

前回に関連したカウンセラーの心得について話をします。


現在、色々なカウンセラーの資格があり、多様な職種の方が学ばれていることは素晴らしいことです。

カウンセリングを学び始めた当初は、学んだ技術等を使いたくなり、カウンセリラ―ぽっく振舞いたくなるものです。

私の場合は、社会保険労務士として企業経営者の方と経営や人事労務の問題についてご相談にのることがおおいのです。

5年〜6年位前の話です。

私は、企業経営者の方から相談に乗ってほしいと連絡があり、事業所へ訪問しました。当時の私は、傾聴・ミラーリングを学んだところだったので傾聴を心がけてその社長の話を聞いていました。傾聴を心がけていたこともあり、社長は経営のこと・個人的なことについて多く語っていただき満足していただきました。
しかし、最後に「うなずいてばっかりで、歯ごたえがない」言われました。

その時、私は気づきました。
「社長が私をカウンセラーとして必要としていたのではなく、社会保険労務士して適切なアドバイスを求めていたのだと。」


ここで私が得た気づきは「相談者が私自身をどのような立場から必要としているかの見極めが必要である」ということです。

カウンセリングを学ばれている方の多くが専業のカウンセラーではなく、保健師、看護師、社会保険労務士といった専門職を兼職しているケースがあります。

会社内での相談という場面では、会社の上司や経営者という立場で部下に接する必要がです。

言い換えると、カウンセラーは、多くの場合「二足のわらじ」を履きながら相談業務に従事していると言えます。


ですから「相談者が私自身をどのような立場から必要としているかの見極めが必要である」ことを相談に当たって意識してみてください。


カウンセラーとしてカウンセリングすることを相談者が了解していない場合には、以下の点に注意してください。


・カウンセリング的聴き方を心掛ける。
・適切な情報提供をする
・適切な自己主張(アサーション)を心掛ける



具体的な例としては、保健師さんが、保健指導の場面でメンタル的な相談に直面した場合が考えらえます。

相談者は貴方を「保健師」として見ています。そして、貴方の目的は、適切な「保健指導」です。


・カウンセリング的聴き方を心掛ける。

 傾聴を心掛けながら要約、繰り返し等を使い、相談者の問題の明確化の援助をする。
 相談者自身の問題が明確になってくると、相談者が解決策を導きだせることが多分にあります。


・適切な情報提供をする

 保健師の立場から、保健指導を実施する。
 相談者の問題に対応できる機関や制度を情報提供する(相談先等)

・適切な自己主張(アサーション)を心掛ける

 傾聴だけでは、保健師として必要な保健指導が不十分になる可能性があるので、専門家として必要な助言はもれなく伝える。
 くれぐれも、説教にならないように注意。


それでは・・・今日はここまで

最後まで読んでいただいて感謝しています。(*^_^*)


























カウンセラーの心得(カウンセリングとカウンセリング的話の聴き方)


。こんにちは。

私もカウンセリングにであって、8年くらい経ちますが、カウンセリングを学び始めまた頃と現在とではカウンセリングに対しての考え方が変わってきたのも事実です。

その1つが、「カウンセリングする場面」と「カウンセリング的話の聴き方する場面」を意識して使い分けるようにしています。


カウンセリングを学び始めた頃は、学んだ技術を実践したくて色々な場面や人を対象に試してみなくなるのものです。

家族等に試してみる場合は問題はないのですが、いきなり友人知人等にカウンセリングをするというのは、少々問題ありです。


なぜなら、カウンセリングをする場合には、やはりクライアントとなる人がこれからカウンセリングをうけるという了解が必要です。その了解を取らずにカウンセラーがカウンセリングを行うとクライアントが拒否反応を起こす場合があるからです。

具体的に、私が体験した事例を紹介します。

それは、カウンセリングを学び始めた初期のとき、カウンセリング(傾聴、受容、繰り返し、要約)等を使って知人の話を聞いていました。

すると、知人から「何か変」という言葉がかえってきました。

今考えてるおかしいのですが、普段の私の言葉づかいや態度と違っていたので、相手が違和感を感じたからだと思います。

私が事前にカウンセリングするという了解を相手にとっていなかったのが問題だったのです。


私のコーチは、友人と電話で話しているときに、友人が相談を始めた場合やコーチ自身がコーチングを始めたくなった場合は、その前に「友人として話を聴いてほしいのか」「コーチとしてコーチンングしていいか」確認するそうです。

カウンセリングを学び、自分はカウンセラーであるという人には、カウンセリングを行うにあたっての倫理観の矜持が不可欠です。

なぜなら、カウンセリングのテクニック・技術はとてもパワフルです。

そして、相談者・クライアントの内面に深く立ち入っていきます。


現在の私は、カウンセリングを行うとうとき以外は、カウンセリング的な話の聴き方に終始するように心がけています。

NLPに「意識的有能」「無意識的有能」という考え方がありますが、カウンセリングを学び始めた頃は「意識的有能」の状態です。意識しないとうまく相談等にのれない状態です。しかし、訓練の積み重ねにより徐々に「無意識的有能」の状態に近づいていきます。

「無意識的有能」の状態には、「自己一致」「純粋性」を保ちながら、相談者に適切に対応できることだと思います。


現在の私は、あまり意識しなくても、「傾聴、要約」等ができるようになったかなと思います。




最後に、相談者としてどのような態度・心がけが必要であるかについて解説した本を紹介します。

カウンセラーというよりも、職場などで良い相談者になるための基本的な態度について書いています。


心を伝える技術―自分を知り、相手を知る心理学 (PHP文庫)心を伝える技術―自分を知り、相手を知る心理学 (PHP文庫)
著者:國分 康孝
販売元:PHP研究所
発売日:2001-04














今月の振り返り・今週の振り返り


みんなさん。

こんばんわ。ここ数日はこんな風に過ごしていました。


24日

午前中は所内で事務

午後から

高齢者協会へ定年引上げ助成金の申請書提出

大分労働基準監督署へ 就業規則提出


事業所との打ち合わせ


25日

午後2時 別府ハローワーク

午後3時 大分商工会議所訪問  

午後4時 大分社会保険事務所  書類提出

午後5時 おおいたサポステ  橋渡し訓練の説明会

26日

事業所との打ち合わせ


さて、今月を振り返ると前半の2週間は、風邪気味で体調不良。

シルバーウィーク中は、父親の入院で帰郷でした。


振り返ると、今月は健康の大切さを教えてくれた1か月だと思います。


自分自身も40歳をこえたので少し健康に気をつけようと思います。

問題は、適度な運動と禁煙です。


運動はすこしづつしなきゃと思っています。

禁煙は3年前に8か月できたので、再度チャレンジします。



「適度な運動・禁煙」是非取り組みます。


それでは・・今日はここまで(*^_^*)




















プロフィール

しんちゃん

ブログのご紹介
このブログでは、私が特定社会保険労務士研修ファシリテーターとして活動している日々の業務や情報提供。そして、日々の生活から得た感想等を素直な気持ちで書いていきます。

また、介護事業の労務管理事業運営のポイントなどについてもくわしく解説しています。

今後は「プロボノ活動」「ソーシャルビジネス」についても活動の領域を広げていきます。


なお、このブログはリンクフリーですので、リンクはご自由に(*^_^*)

人材ビジネスについては

「エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ」にて掲載しています。

http://powerhouse-hr.livedoor.biz/


山本真一社会保険労務士事務所 HP
http://www.yamamoto-sr-office.com/
最新コメント
記事検索
ランキング
ブログ村ランキング参加しています。 ぽちょっとクリックしていただくと喜びます。(*^_^*) にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ