みなさん。こんにちは。

今回は、女性の再就職支援にあたり、最近強く感じることについて書きます。

それは。、妊娠出産等で家庭に入った女性の再就職をスムースに行うためには以下の2つの要素がとても重要だということです。

1、職場は家庭ではなく、仕事をする場なので、家庭人から職業人への意識のスイッチの切り替えを上手に行うことが大切。

出産や子育てを経て、職場復帰や再就職を図ろうとする場合には、まず気持ちを家庭モードから仕事モードへ切り替えてください。

家庭の中では許されることでも、職場では許されないことがあります。

具体的には、職場のルールを守ることや社会人としての礼儀やマナー等のような基本的なことから、仕事では常に結果やそのプロセスが重要視されるこということです。

ですから、家庭では自分の思い通り過ごすことは構いませんが、職場ではまず、求めれている行動・言動に注意してください。

特に、30歳以降になると成熟した社会人としての振る舞いが求められます。


2、スキルアップも大切だが、企業や社会への貢献意識を高めることが大切。

これは、私自身の勝手な思い込みかもしれませんが、妊娠・出産や子育てを経験した女性は、自己犠牲の精神又は他者のために生きる心掛けが身についているように感じます。

幼い子供を育てる時には、自分の都合でなく子供に自分を合わせていく他道がないからかもしれません。

私もスタッフを採用する際には、他者のために生きる心掛けの有無に注目します。

この他者のために生きる心掛けとは、企業にあっては「顧客」「同僚」「企業そのもの」への貢献意識となります。

個人的には、スキルや学歴が高くても貢献意識が低い方より、スキル・学歴等は標準的なものでも貢献意識が高い人を採用したいと思っています。


30代以降で再就職を目指されている方は、「気持ちスイッチの切り替え」「他者への貢献意識」を意識して求職活動に臨むと効果的ではないかと思います。

それでは・・・また(^v^)♪♪
 
(人材ビジネスに関してはこちらへ)

エグゼクティブ人材ビジネスマスター山本真一のブログ


http://powerhouse-hr.livedoor.biz/


お問い合わせ・お仕事の依頼について

山本真一社会保険労務士事務所 HP
http://www.yamamoto-sr-office.com/